Kaspersky Endpoint Security for Business の新しいライセンスで対応できる Kaspersky Anti-Virus のバージョンについて

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security for Business の新しいライセンスで対応できる Kaspersky Anti-Virus のバージョンについて

"インストール / 削除"へ戻る
2013 11月 14 Article ID: 10314
 
 
 
 

Kaspersky Endpoint Security for Business のライセンスについて

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows および Kaspersky Security Center 10 のリリースに伴い、Kaspersky Lab は Kaspersky Endpoint Security for Business の新しいライセンススキームを採用しました。

これまでのライセンスと異なり、このライセンスは製品全体ではなく、製品機能の特定のグループを対象とします。

新しいライセンススキームの詳細について

新しい種別のライセンス情報ファイルによる新しいアクティベーション方法が、Kaspersky Endpoint Security for Business のライセンススキームで使用されています。新しい種別のライセンスの導入に伴い、古い種別のライセンスは今後配信されません。

新しいライセンス情報ファイルでアクティベートできる Kaspersky Anti-Virus for Endpoints のバージョン:

  • Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstations Critical Fix 1(バージョン 6.0.4.1424)パッチ t
  • Kaspersky Anti-Virus for Windows Servers Critical Fix 1(バージョン 6.0.4.1424)パッチ t
  • Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstations Critical Fix 2(バージョン 6.0.4.1611)パッチ l
  • Kaspersky Anti-Virus for Windows Servers Critical Fix 2(バージョン 6.0.4.1611)パッチ l
  • オートパッチ b がインストールされた Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows Critical Fix 1(バージョン 8.1.0.831)
  • Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows Critical Fix 2(バージョン 8.1.0.1042)
  • Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows(バージョン 10.1.0.867)

ライセンスを購入または延長する前に、Kaspersky Anti-Virus の前述のバージョンがネットワークにインストールされていることを確認してください。

Kaspersky Anti-Virus の以前のバージョンを使用していて、ライセンスを延長する必要があります。どうすればよいですか?

新しいライセンス情報ファイルは、Kaspersky Anti-Virus の以前のバージョンに対応していないか、以前のバージョンでは正しく機能しません。新しい種別のライセンス情報ファイルを配信する前にインストール済み製品をアップデートするのは、そのためです:

  • Kaspersky Endpoint Security 8 バージョン 8.1.0.646 がインストールされている場合、新しいライセンス情報ファイルをインストールするためには、Kaspersky Endpoint Security 8 バージョン 8.1.0.1042 にアップデートします。
  • Kaspersky Endpoint Security 8 バージョン 8.1.0.831(オートパッチ b なし)がインストールされている場合、新しいライセンス情報ファイルをインストールするためには、Kaspersky Endpoint Security 8 バージョン 8.1.0.1042 にアップデートします
  • Kaspersky Anti-Virus バージョン 6.0.4.1424 がインストールされている場合、アクティベーションデータが管理サーバーに正しく送信されるようにするため、ワークステーションまたはファイルサーバーにパッチ t をインストールします
  • Kaspersky Anti-Virus バージョン 6.0.4.1611 がインストールされている場合、アクティベーションデータが管理サーバーに正しく送信されるようにするため、ワークステーションまたはファイルサーバーにパッチ l をインストールします。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。