Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentlessのインストールの準備

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 | Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentlessのインストールの準備

"インストール / 削除"へ戻る
2014 8月 20 Article ID: 11114
 
 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless のインストールを開始する前に、次の操作を行う必要があります:

  • Kaspersky Security Center コンポーネントのセットと VMware 仮想インフラストラクチャを確認します。
  • Kaspersky Security Center 管理コンソールがインストールされているコンピューターに、Microsoft .NET Framework バージョン 3.5 以上(本製品のインストールウィザードが動作するために必要)がインストールされていることを確認します。
  • Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless を使用して保護しようとしている仮想マシンに、他のアンチウイルス製品がインストールされていないことを確認します。
  • 本製品のインストールと実行に必要な VMware vCenter Server のアカウントを設定します
  • Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless コンソールプラグインインストールします
ネットワーク攻撃防御をインストールする場合は、次の追加の操作が必要です:
  • VMware Distributed Virtual Switches分散仮想ポートグループを設定します。
  • HTTP 経由でアクセスできるネットワークリソース上にある1つのフォルダーに、仮想マシンのイメージファイルをすべて置きます。
  • SVM がインストールされる VMware ESXi ホストごとに、VMware vSphere Client の[構成]タブの[エージェント仮想マシンの設定]グループでSVM のファイルが格納されるデータストア、および SVM が Kaspersky Security Center 管理サーバーへの接続に使用するネットワークを選択してください。エージェント仮想マシンの設定に関する詳細情報については、VMware 製品のガイドを参照してください。

Kaspersky Security Center コンポーネントのセットと VMware 仮想インフラストラクチャの要件

以下の Kaspersky Security Center コンポーネントが必要です:

  • 管理サーバー
  • 管理コンソール
  • ネットワークエージェント(Kaspersky Security for Virtualization 3.0Agentless SVM のイメージに付属)。

File Anti-Virus コンポーネントのインストールと実行には、以下の VMware 仮想インフラストラクチャのコンポーネントが必要です:

  • VMware vCenter Server
  • VMware vSphere Client
  • VMware vShield Endpoint
    VMware ESXi ホスト
    にインストールされている必要があります。これにより仮想マシンの VMware vShield Endpoint Thin Agent ドライバーと SVM の EPSEC ライブラリとの通信をサポートします。
  • VMware vShield Manager
    VMware vShield
    ネットワークを一元管理します。 
  • 仮想マシンが導入されいてる 1 つ以上の VMware ESXi ホスト
  • VMware vShield Endpoint Thin Agent ドライバー
    これは VMware ESXi 5.5 パッチ 1 ハイパーバイザー、VMware ESXi 5.1 パッチ 2 ハイパーバイザーのいずれかと共に提供されている VMware Tools に含まれます。このドライバーはKaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless を使用して保護したい仮想マシンにインストールされ、有効になっている必要があります。VMware vShield Endpoint Thin Agent ドライバーについての情報は、VMware 製品のガイドを参照してください。

Network Attack Blocker コンポーネントのインストールと実行には、以下の VMware 仮想インフラストラクチャのコンポーネントが必要です:

  • VMware vCenter Server
  • VMware vShield Manager
    VMware vCloud Networking and Security
    に含まれるコンポーネントの管理、およびNetwork Attack Blocker コンポーネント(Kaspersky Network Protection)の登録と導入を行います。 
  • VMware Distributed Virtual Switch
    分散仮想ポートグループ
    を設定します。 

IP アドレスと名前を SVM に割り当てるためには、DHCP サーバーが VMware インフラストラクチャで使用されている必要があります。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。