Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless で定義データベースをアップデートする方法

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 | Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless で定義データベースをアップデートする方法

"アップデート"へ戻る
2015 12月 09 Article ID: 11135
 
 
 
 

Kaspersky Security Center は、定義データベースのアップデートを SVM に配信し、インストールすることができます。それには、以下のタスクを使用します:

  • リポジトリへのアップデートのダウンロード 。このタスクでは、 Kaspersky Security Center のアップデートパッケージをアップデート元から管理サーバーのリポジトリにダウンロードできます。アップデートをリポジトリにダウンロードするタスクは、 Kaspersky Security Center の初期設定ウィザードの作業中に自動的に作成されます。
  • アップデート配信タスク 。このタスクでは、アップデートパッケージが管理サーバーのリポジトリにダウンロードされた後すぐに、定義データベースのアップデートを SVM に配信し、インストールします。
 
 
 
 
 

アップデート配信タスクを作成するには

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。