Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition Service Pack 1 への移行の問題

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition Service Pack 1 への移行の問題

"インストール/削除"へ戻る
2014 12月 02 Article ID: 11294
 
 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition Service Pack 1 への移行時、前のバージョンの製品でインストールされた管理コンソールは更新されず、別のコンソールとしてインストールされます。一方のコンソールを削除すると、もう一方のコンソールが操作できなくなります。

問題の原因

コンソールは製品と一緒に移行させることができません。新しいバージョンをインストール後、一方のコンソールを削除すると COM オブジェクトの登録も削除されるため、残ったコンソールが機能しなくなります。

解決方法

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition Service Pack 1 へ移行する前に、インストールされている管理コンソール削除します。
Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Windows Servers Enterprise Edition Service Pack 1 へ移行する前に、コンソールを削除しなかった場合は、あとで両方のコンソールを削除し、管理コンソールを再インストールします。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。