VIIS によりサポートされないオペレーティングシステムのリスト

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 | Agentless

 
 
 

VIIS によりサポートされないオペレーティングシステムのリスト

"インストール / 削除"へ戻る
2015 10月 22 Article ID: 11697
 
 
 
 

次のオペレーティングシステムは、VIIS ではサポートされません:

  • R2 でない、Windows Server 2008 Server Core ロール - このシステムは .NET Framework をサポートしないのでインストールできません。
  • Windows 2003 Server;
  • Windows XP - vCenter が弱い暗号化をサポートするように再設定された場合にのみ機能します。この問題は、VMware ナレッジベース に説明があります。
  • Windows SBS 2003 - 強い SSL サポートを実装するには、Microsoft パッチをインストールする必要があります(あるいは Windows XP の説明を使用します)。
  • Windows Vista Business / Enterprise / Ultimate(32 ビットまたは 64 ビット)。

サポート対象のオペレーティングシステムのリスト:

  • Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate(32 ビットまたは 64 ビット)。
  • Windows 8(32 ビットまたは 64 ビット)、すべてのエディション。
  • Windows 8.1(32 ビットまたは 64 ビット)。
  • Windows Small Business Server 2008 / 2011
  • Windows Server 2008(32 ビットまたは 64 ビット)。
  • Windows Server 2008(32 ビットまたは 64 ビット)(Server Core モードで導入)。
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008 R2Server Core モードで導入)。
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012Server Core モードで導入)。
  • Windows 2012 R2
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。