Kaspersky Security Center から各端末に適用されているライセンスを更新する方法

 

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center から各端末に適用されているライセンスを更新する方法

"ライセンス"へ戻る
2017 6月 27 Article ID: 11729
 
 
 
 

評価用ライセンスから商用新規で製品ライセンスをご購入頂いた場合や、更新ライセンスにて継続して弊社製品をご利用いただくにあたり既存ライセンスと更新ライセンスの入れ替えを行う必要があります。

更新ライセンスをご購入いただくと新規でご購入頂いた時と同様にライセンスが届きますので、以下の「ライセンスの登録」と「ライセンスのインストール」手順に沿ってライセンスの更新を行ってください。


ライセンスの登録
各端末にライセンスを配布するためには、Kaspersky Security Center へ更新ライセンスを登録する必要があります。更新の方法をご案内します

  1. Kaspersky Security Center 管理コンソールを開きます。

  2. 管理コンソール画面の左メニューから「アプリケーションの管理」を展開して「Kaspersky Labのライセンス」を選択します。
     ※Kaspersky Security Center 10 Service Pack 1 (10.2.434)よりも古いバージョンのKaspersky Security Center をご利用のお客様は「リポジトリ」にある「ライセンス」を選択してください。

  3. 「ライセンスの追加」をクリックします。ライセンス追加ウィザードが表示されます。
    KSC10SP1_11729_01_JP

  4. ウィザードで「ライセンス情報ファイルからの読み込み」を選択します。
    KSC10SP1_11729_02_JP

  5. ライセンスの選択で「参照…」をクリックし、ライセンスファイルを選択します。
    KSC10SP1_11729_03_JP
    ライセンスファイルは「<8文字の英数字>.key」という形式です。
       「管理対象コンピューターにライセンスを自動的に導入する(D)」へのチェックは入れたままとしてください。
     ※Kaspersky Endpoint Security for Business Select をご購入いただいているお客様はライセンスファイルが2つあります。末尾が大きい方が Kaspersky Endpoint Security 向けライセンスです。今回登録するライセンスはこのライセンスを選択してください。

  6.  読み込まれるライセンスの場所が表示されます。[次へ]をクリックします。
    KSC10SP1_11729_04_JP

  7. 「完了」をクリックしてウィザードを閉じます。
    KSC10SP1_11729_05_JP


「管理対象コンピューターにライセンスを自動的に導入する」にチェックを入れた場合、古いライセンスの有効期限が切れた後、Kaspersky Security Centerとの同期時に新しいライセンスがクライアントに導入されます。



● ライセンスのインストール
ライセンスの登録が完了したら各端末へライセンスを配布します。
「管理対象コンピューターにライセンスを自動的に導入する(D)」にチェックがされていれば自動的に新しいライセンスが適用されますが前もって各端末にライセンスを配布したい場合は本手順でライセンスのインストールタスクを実行してください。

  1. 「管理対象コンピューター」の「タスク」を選択します。

  2. 「タスクの作成」をクリックします。新規タスクウィザードが表示されます。
    KSC10SP1_11729_06_JP

  3. 「タスクの種別の選択」でご利用製品の「ライセンスの追加」を選択します。
    KSC10SP1_11729_07_JP

  4. 「ライセンス情報ファイルまたはライセンス」の「選択…」から「Kaspersky Security Centerの保管領域のライセンス情報ファイル」を選択します。
    KSC10SP1_11729_09_JP

  5. [ライセンスの登録]の手順で登録したライセンスを選択して[OK]をクリックください。
    KSC10SP1_11729_10_JP

  6. 読み込んだライセンスの情報が表示されることを確認し、「このライセンスを予備のライセンスとして追加」のチェックを外してください。
    KSC10SP1_11729_11_JP

  7. タスクスケジュールを任意に設定します。
      「未実行のタスクを実行する」のチェックを入れてください。

  8. 「完了」をクリックして新規タスクウィザードを閉じ、タスクを実行してください。
    KSC10SP1_11729_12_JP

  9. 作成したタスクを実行してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。