特定のOS上でリアルタイム保護モジュールのコンパイルと開始時にエラーが発生する

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

特定のOS上でリアルタイム保護モジュールのコンパイルと開始時にエラーが発生する

"トラブルシューティング"へ戻る
2016 2月 12 Article ID: 12006
 
 
 
 

以下のオペレーティングシステムにてKaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers のリアルタイム保護用モジュールをコンパイルし、開始しようとした際にエラーが発生する場合があります:

  • Ubuntu 12.04.5
  • Ubuntu 14.04.2
  • Debian 7.8u2
  • Debian 8.0

この問題を解決するために、以下の手順を行ってください:

  1. 修正したリアルタイム保護用モジュールファイルを含むkb_12006.zipをダウンロードして解凍します。
  2. 解凍したkernel.tgz ファイルを /opt/kaspersky/kav4fs/src フォルダにコピーします。
  3. 以下のコマンドを実行します:
    • cd /opt/kaspersky/kav4fs/src
    • mv kernel kernel.orig
    • tar -zxvf ~/kernel.tgz
    • /opt/kaspersky/kav4fs/bin/kav4fs-setup.pl --build


上記の手順を実施しても事象の改善が見られない場合は カスペルスキーコーポレートサポートセンター までご連絡ください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。