Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac のライセンス情報ファイルのアクティベーション方法

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac のライセンス情報ファイルのアクティベーション方法

"インストール / 削除"へ戻る
2017 7月 25 Article ID: 12333
 
 
 
 

ライセンス情報ファイルとは、次の種別のファイルのことです:ххххххх.keyこのファイルには、Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac を正しく動作させるために必要なサービス情報と、以下のデータが含まれています:

  • このバージョンの製造元に関する情報(会社名や問い合わせ窓口)
  • テクニカルサポートの情報(テクニカルサポートの提供元と問い合わせ方法)
  • ライセンスのリリース日
  • ライセンスの名前と番号
  • 各種コンポーネントの機能に関する情報
  • ライセンスの有効期限

ライセンス情報ファイルには、以下の 2 種類があります:

  1. 製品版ライセンス情報ファイル は、正規の方法で取得した カスペルスキー 製品のアクティベーションに使用します。アクティベーションは、ライセンスの有効期限まで製品の機能を使用するのに必要です。

製品版ライセンス情報ファイルの有効期間は、1 年間、2 年間、または Kaspersky Lab が特別に指定する期間などがあります。ライセンスの有効期限が切れても、Kaspersky Endpoint Security の機能は引き続き動作しますが、定義データベースは更新されなくなります。コンピュータの感染の駆除には、ライセンスの有効期限が切れた時点の定義データベースが使用されます。Kaspersky Lab のアップデートサーバからの定義データベースの自動更新は実行されなくなります。手動で定義データベースをダウンロードしたりインストールしたりしようとしても、それらの機能は使用できません。したがって、Kaspersky Lab は、ライセンスの有効期限後に出現した新種のウイルスからの保護は保証しません。製品版ライセンス情報ファイルを使用しているお客様は、Kaspersky Lab によるすべてのテクニカルサポートを受けられます。

  1. 試用版ライセンス情報ファイル は、 カスペルスキー 製品を一定の期間お試しいただく目的で使用できます。試用版ライセンス情報ファイルは、 Kaspersky Lab が無償で発行します。試用版ライセンス情報ファイルの有効期限は、15 日、30 日、または Kaspersky Lab が特別に指定する期間などがあります。試用版ライセンス情報の使用期限が切れると、製品は起動できなくなります。試用版ライセンス情報ファイルを使用しているお客様は、 Kaspersky Lab によるテクニカルサポートを制限付きで受けられます。

注記: Kaspersky Lab では、製品版ライセンス情報ファイルをリムーバブルメディア(USB ドライブや外付けハードディスク)に保存することを推奨しています。そうすると、必要なときに復元することができます。

 
 
 
 
 

1.新しいライセンス情報ファイルを追加して製品のアクティベーションを実行する方法

 
 
 
 
 

2.MacOSのターミナルを使用したライセンスの適用

 
 
 
 
 

3.ライセンス情報ファイルのブラックリスト

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。