パラメーター「MaxNestingLevel」について

 

 

Kaspersky Anti-Virus 5.5 for Proxy Server

 
 
 

パラメーター「MaxNestingLevel」について

"設定 / 操作方法"へ戻る
2015 11月 05 Article ID: 12453
 
 
 
 

説明

Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server 5.5 (以降 kav4proxy) では「MaxNestingLevel」というパラメーターがあります。
このパラメーターは、多重圧縮されたマルウェアに対するスキャン時における最大ネストレベルの設定を行うことができます。

kav4proxy における既定値は「8」であり、階層的に圧縮されたファイルに対し、8階層までに存在するファイルをスキャン対象とします。それ以上の深さに存在するファイルはスキャン対象から除外されます。

設定可能な最小値、最大値は以下になります。
 最小値: 0
 最大値: 無制限
 ※ 多重階層の圧縮ファイルを展開する場合、時間と大量のリソースを消費する場合があるため、設定する際は十分にご検討の上実施ください。


このネストレベルは、圧縮された階層が対象となります。
例えば、ネストレベルを「4」と設定した場合、以下のように4階層目にある圧縮フォルダ内のファイルまでがスキャン対象となります。
KAV4PROXY_12453_01_JP


階層の途中にフォルダーが存在する場合は、ネストレベルの数に含まれません。
KAV4PROXY_12453_02_JP

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。