カスペルスキー セキュリティ スキャン 4.0 でトレースを有効にする方法

 

 

Kaspersky Security Scan 4.0

 
 
 

カスペルスキー セキュリティ スキャン 4.0 でトレースを有効にする方法

"概要"へ戻る
2016 9月 01 Article ID: 12494
 
 
 
 

カスペルスキー セキュリティ スキャン 4.0 で発生した問題を解決するために、Kaspersky Lab フォーラムの担当者などから、コンピューターで実行されたプロセスに関する情報や、製品コンポーネントの動作に関する詳細な情報が記録されたトレースファイルの提供を求められることがあります。

カスペルスキー セキュリティ スキャン 4.0 のトレースファイルを取得するには、システムレジストリに以下のキーを設定して、トレースを有効にします:

  • Windows 10 の場合:[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\KasperskyLab\KSS4\Trace\Default]
    "TraceFileEnable"=dword:00000001 (1)
  • Windows 7 /8 / 8.1 の場合:[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\KasperskyLab\KSS4\Trace\Default]
    "TraceFileEnable"=dword:00000001 (1)

次の操作を行います:



手順 1

キーボードの Winows キー + R キーを同時に押し、[ファイル名を指定して実行]ウィンドウで「regedit」と入力します。


Откройте Редактор реестра



手順 2

レジストリエディター]ウィンドウで、レジストリブランチ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\KasperskyLab\KSS4\Trace\Default を開きます。


手順 3

TraceFileEnable を開き、値データとして 1 を設定します。


Включите сбор трассировок



手順 4

トレースレベルを変更するには、TraceFileMaxLevel を開き、必要なレベルを 100 ~ 800 の範囲で設定します。レベルが高くなるほど、詳細なレポートが収集されます。既定では、推奨されるレベルの 500 が設定されています。


Установите уровень трассировок



手順 5

問題を再現します。


手順 6

値を 0 に設定して、トレースを無効にします:


  • Windows 10 の場合:[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\KasperskyLab\KSS3\Trace\Default]
    "TraceFileEnable"=dword:00000000 (0)
  • Windows 7 /8 / 8.1 の場合:[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\KasperskyLab\KSS3\Trace\Default]
    "TraceFileEnable"=dword:00000000 (0)

Отключите сбор трассировок



手順 7

ファイル名が次の形式のトレースファイルを取得します:KSS.< version number_date_time_random characters >.GUI и KSS.<version number_date_time_random characters>.SRV (例:KSS.15.0.0.358_12.18_07.55_342.SRV)既定では、トレースファイルは以下のフォルダーに保存されます:

  • Windows XP を使用している場合、Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Temp
  • Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10 を使用している場合、ProgramData\Kaspersky Lab です。

Найдите файлы трассировок

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 
 
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。