VMware ハイパーバイザーに Kaspersky Security 3.0 をインストールする管理者権限

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 | Light Agent

 
 
 

VMware ハイパーバイザーに Kaspersky Security 3.0 をインストールする管理者権限

"インストール / 削除"へ戻る
2016 6月 30 Article ID: 13020
 
 
 
 

VM を導入し、その設定を変更するには、次の権限を持つ管理者アカウントが必要です:

  • Global.Licenses
  • Datastore.AllocateSpace
  • Datastore.RemoveFile
  • VApp.Import
  • Network.Assign
  • Host.Config.AutoStart
  • Task.Create
  • Global.CancelTask
  • VirtualMachine.Inventory.Create
  • VirtualMachine.Inventory.Remove
  • VirtualMachine.Config.AddOrRemoveDevice
  • VirtualMachine.Config.AddNewDisk
  • VirtualMachine.Interact.PowerOn
  • VirtualMachine.Interact.PowerOff
  • Host.Inventory.EditCluster
  • VirtualMachine.Provisioning.Customize
  • Datastore.FileManagement(低レベルのファイル操作)
権限は、最高の VMware オブジェクト管理レベル、すなわち VMware vCenter のレベルでアカウントに対して認可する必要があります。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。