コマンドラインから Kaspersky Security for Vritualization 4.0 Light Agent Linux を管理する方法

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 | Light Agent

 
 
 

コマンドラインから Kaspersky Security for Vritualization 4.0 Light Agent Linux を管理する方法

"管理方法"へ戻る
2017 6月 16 Article ID: 13170
 
 
 
 
Linux用Light Agentの管理には、以下のコマンドラインからコマンドを使用できます。
  • HELP — Kaspersky Securityのコマンドに関するヘルプを表示します。
  • LICЕNSE — SVM に関するライセンス情報を表示します。
  • LIST — バックアップ領域内のファイルのリストを表示します。
  • RESTORE — ファイルをバックアップ領域から復元します。
  • SCAN — ウイルス対策スキャンをSVM上で実行します。
  • STATISTICS — アップデートタスクの統計を表示します。
  • STATUS — アップデートタスクの現在のステータスを表示します。
  • START — アップデートタスクを実行します。
  • STOP — アップデートタスクを停止します。
  • SVMINFO — VMが接続しているSVMに関する情報を表示します。
  • TRACE — 保護されたVMのトレースを有効または無効にします。
  • UPDATE — アップデートタスクを追加のパラメータで実行します。
 
 
 
 
 

HELP

 
 
 
 
 

LICЕNSE

 
 
 
 
 

LIST

 
 
 
 
 

RESTORE

 
 
 
 
 

SCAN

 
 
 
 
 

STATISTICS

 
 
 
 
 

STATUS

 
 
 
 
 

SVMINFO

 
 
 
 
 

TRACE

 
 
 
 
 

UPDATE

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。