Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless の ksv.cfg ファイルの説明

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 | Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless の ksv.cfg ファイルの説明

"インストール / 削除"へ戻る
2017 1月 31 Article ID: 13195
 
 
 
 

ksv.cfg ファイル内の Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless のすべてのパラメータは、コマンドラインから変更できます。
リストにパラメータがない場合は、既定の設定が使用されます。製品を起動するには、ファイルが存在し、読み取り可能である必要がありますが、ファイルは空であってもかまいません。

[process]

wdsock = /tmp/wd.kl-ksv
watchdog のファイルソケットへのパス

trace-file = /var/log/kaspersky/ksv/ksvmain.log
トレースファイルに関する個別のファイルへのパス

trace-level = 1000 # Trace-level 0(none) - 1000(all)
トレースレベル(0 - なし、600 - 情報、1000 - デバッグ)

persistent-storage = /var/opt/kaspersky/ksv/db/ksv_persistent_storage.kvdb
Kaspersky Security for Virtualization 4.0 データベースへのパス

service-settings = /var/opt/kaspersky/ksv/db/ksv_settings.kvdb
内部の製品設定データベースへのパス

persistent-storage = /var/opt/kaspersky/ksv/db/ksv_persistent_storage.kvdb
Kaspersky Security for Virtualization 4.0 ルートフォルダーへのパス

persistent-storage = /var/opt/kaspersky/ksv/db/ksv_persistent_storage.kvdb
Kaspersky Security for Virtualization 4.0 コンポーネントの説明が入っているフォルダーへのパス

persistent-storage = /var/opt/kaspersky/ksv/db/ksv_persistent_storage.kvdb
Kaspersky Security for Virtualization 4.0 のライブラリがあるフォルダーへのパス

loading-timeout = 120
Kaspersky Security for Virtualization 4.0 の起動時における watchdog のパフォーマンスを調べるためのタイムアウト

working-timeout = 30
Kaspersky Security for Virtualization 4.0 の実行時における watchdog のパフォーマンスを調べるためのタイムアウト

critical-time-interval = 10
定義データベースの自動ロールバック実行に関する期間(分)。指定した期間内に Kaspersky Security for Virtualization 4.0 が 10 回再起動した場合、データベースは前のバージョンにロールバックされます。

lang = en
Kaspersky Security Center のイベントの言語

[scan]

bases-path = /var/opt/kaspersky/ksv/bases/
定義データベースへのパス

cache-path = /tmp/ksvscan/
ロードを高速化するための定義データベースキャッシュへのパス

[syslog]

use = false
syslog または個別のファイルへのトレースの書き込み

program-name = KSV
syslog にトレースを書き込む場合の接頭辞

facility = # syslog facility
syslog のカテゴリ

[webiface]

rpcport = 10000
RPC ポート

[epsec]

ip = 169.254.1.60
vShield 接続の IP アドレス(169.254.1.60 と 169.254.1.61)

port = 48651
接続ポート(48651 ~ 48666)

iface = eth1
vShield 接続のインターフェイス

tmp-path = /tmp
EPSec ドライバーの一時ファイルへのパス

vendor = Kaspersky
VMware から提供されたベンダー ID

altitude = 7498071167106809856
VMware ソリューションである Antivirus の一意の値は 26

descr = "Kaspersky Security for Virtualization"
製品の説明

threads = 64
EPSec ドライバーのファイル処理スレッド数

threads-per-vm = 10
仮想マシン 1 台あたりの EPSec ドライバーのファイル処理スレッド

cache-size = 16000
1 台の仮想マシンにあるキャッシュ済みファイルの数

disk-name-ttl = 30
キャッシュしたディスクのライフサイクル(秒)

check-writable = 1
書き込み権限の確認の有効化または無効化

[vcenter]

reconnect-seconds = 30
vCenter から仮想インフラストラクチャに関する情報を受け取るために確立されたネットワーク接続のタイムアウト(秒)

[required-data-files]

インストール後初めて使用可能になり、定義データベースの自動ロールバックで削除できない定義データベースフォルダー内のファイルのリスト

file = DataFormats-en.xml

file = kc_ksv4.xms

file = kh_ksv4.xms

file = kc_ksv4sp2.xms

file = kh_ksv4sp2.xms

file = ksncliwin32keys.dat

file = sco_list.txt

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。