ネットワーク攻撃防御コンポーネントを搭載した Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless の削除時のエラー

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 | Agentless

 
 
 

ネットワーク攻撃防御コンポーネントを搭載した Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless の削除時のエラー

"トラブルシューティング"へ戻る
2017 6月 21 Article ID: 13197
 
 
 
 

問題

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless 用のプラグインがインストールされている場合、ネットワーク攻撃防御コンポーネントを搭載した Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Service Pack 1 Agentless をアンインストールしようとすると、エラーが発生することがあります。

解決方法:

このエラーを回避するには、次のいずれかを試してください:

  • 管理プラグインをインストールする前に 、ネットワーク攻撃防御コンポーネントを搭載した Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Service Pack 1 Agentless を削除します。
  • ネットワーク攻撃防御コンポーネントを搭載した Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Service Pack 1 Agentless 用のプラグインを別のコンピューターにインストールして削除します。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。