Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless の統合ツール

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 | Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless の統合ツール

"設定 / 操作方法"へ戻る
2017 1月 31 Article ID: 13205
 
 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless は、次のツールを提供します:

inventory_view_format_client

inventory_view_format_client - インベントリツリーを表示するための新しいクライアント。

各 ID:

%i - 管理オブジェクトの ID( moid )( vm-51 など)
%I
- インスタンスの UUID( 501FDB2F-C55C-F4CC-D808-84E0D44AC49D など)
%h
- ホスト名( linux.avp.ru など)
%l
- 場所の ID( 564D304D-4499-8EB7-8024-7E18E179D2A3 など)
%u
- BIOS の UUID( 421F2D74-4A66-2D23-6A71-4852D901A3C8 など)

ゲストオペレーティングシステムの情報:

%g - ゲスト OS の種別の ID( winLonghornGuest など)
%o - OS の名前( Microsoft Windows 7 (32 ビット)など)
%O - 種別。可能な値: ServerOS / WorkstationOS / UnknownOS

仮想マシンのパラメータ:

%c - vCPU 内の仮想コアの数( 2 など)
%m - メモリの容量(MB)( 4096 など)

保護とパフォーマンス:

%e - SVM の保護がプロテクションプロファイルで有効になっているかの確認。可能な値: ShouldProtect / ShouldNotProtect
%E - EPSec が有効になっているか。可能な値: EPSecOn / EPSecOff
%p - 仮想マシンの状態。可能な値: PowerOn / PowerOff / Suspend / StandBy / Unknown

inventory_view_tree_client

inventory_view_format_client - インベントリツリーを表示する古い(推奨)クライアント。

licenser_client

licenser_client - ライセンス管理。次のコマンドを使用できます:

  • InstallActiveKey
  • RevokeActiveKey
  • InstallReserveKey
  • RevokeReserveKey
  • ActivateActiveCode
  • ActivateReserveCode
  • CheckLicense
  • SetSettings

qb_client

qb_client - 隔離およびバックアップクライアント。

-l [ --list ] - オブジェクト(特定のオブジェクトが指定されていない場合はすべてのオブジェクト)に関する情報を取得する。
-r [ --restore ] - 復元するオブジェクトの索引のリスト(スペースで区切る)。
-r [ --restore ] - 復元するオブジェクトの ID のリスト(スペースで区切る)。
-r [ --restore ] - 削除するオブジェクトの索引のリスト(スペースで区切る)。
-r [ --restore ] - 削除するオブジェクトの ID のリスト(スペースで区切る)。
-E [ --export ] - フォルダーからバックアップコピーをエクスポートするためのパラメータ。
-I [ --import ] - バックアップコピーをフォルダーにインポートするためのパラメータ。
-s [ --source ] - バックアップされたオブジェクトのソースフォルダーのパラメータ。フォルダーが空の場合は、リモート処理を使用します。

tracer_configurator_client

tracer_configurator_client - トレースレベルの変更とファイル / システムログの使用。

updater_client

updater_client - 使用できるコマンド:

update
rollback

vcenter_creds

vcenter_creds - vcenter / vims / vrm との vcenter.db の接続のパラメータを確認または編集するためのクライアント。

vcenter_creds_test_client

vcenter_creds_test_client - vCenter サーバーに接続することにより、 vcenter / vims / vrm の接続設定をテストするためのクライアント。

vshield_manager_client

vshield_manager_client - VMware vShield EPSec の手動による登録 / 登録解除 / 登録チェック。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。