Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless によって使用されるネットワークポート

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 | Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless によって使用されるネットワークポート

"設定 / 操作方法"へ戻る
2017 6月 20 Article ID: 13288
 
 
 
 

SVM と Kaspersky Security Center 10 によって使用されるネットワークポートを以下の表に示します。


接続元 ポート 通信方向 接続先のコンポーネント コメント
Kaspersky Security Center 10 13000、14000 TCP 受信 ファイルアンチウイルス、ネットワーク脅威の検知
Kaspersky Security Center 10 13291 TCP 受信 管理コンソール
Kaspersky Security Center 10 15000 TCP 送信 ファイルアンチウイルス、ネットワーク脅威の検知
管理コンソール 22 TCP 送信 ファイルアンチウイルス ファイルアンチウイルスのインストール時および設定時
管理コンソール 443 TCP 送信 vShield Manager SVMのインストールおよび削除のため
管理コンソール 443 TCP 送信 vCenter Server グループタスクとプロテクションプロファイルの設定のため
ファイルアンチウイルス 48651 TCP 受信 vShield Endpoint vmservice-vshield-pgを経由したサービスネットワークの動作のため
ファイルアンチウイルス 443 TCP 送信 vCenter Server

VMware アプリケーションによって使用されるネットワークポートに関する詳細については、VMware の Web サイトを参照してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。