カスペルスキー セキュアコネクションでWi-Fi ネットワーク接続時の保護ルールを設定する方法

 

 

カスペルスキー セキュアコネクション

 
 
 

カスペルスキー セキュアコネクションでWi-Fi ネットワーク接続時の保護ルールを設定する方法

"Windows"へ戻る
2017 8月 25 Article ID: 13454
 
 
 
 
ベラルーシ、オマーン、パキスタン、カタール、イラン、UAE、中国、香港、サウジアラビアでは、仮想プライベートネットワーク(VPN)の使用において法律上の制限があるため、カスペルスキー セキュアコネクションをインストールできません。

セキュリティの弱い公衆 Wi-Fiネットワークを利用してインターネットに接続すると、ログイン名、パスワード等のデータが暗号化されずに送信され、第三者に盗まれる可能性があり、メールアドレスがスパムメールに使用されたり、SNS のページ内容が知らないうちに変更されたりします。

物理的に接続している必要がある有線のネットワークとは状況が異なり、ハッカーがWi-Fiネットワークの範囲内にいるだけで個人情報を盗み出す事が可能で、自宅でWi-Fi ネットワークを使用している場合は、Wi-Fi設定のネットワーク名が第三者から予測が難しい名前で、パスワードの強度が十分であることを確認をしてください。

予測されやすいネットワーク名(「Home」や「ASUS」など)や強度が不十分なパスワードを使用していると、コンピューターへのログイン情報を簡単に取得され、個人情報を盗まれる恐れがあります。その結果、無断でインターネットへ接続されたり、ルーターを無効にされたりすることがあります。

安全でないWi-Fi ネットワークへの接続をカスペルスキー セキュアコネクションが検知すると、以下の通知画面が表示されます。[保護を有効にする]をクリックして保護を開始します。

Image: notification on connection to an unprotected network



保護が開始されると、デスクトップに通知が表示されます。

Image: notification on the established secure connection

 
 
 
 
 

Wi-Fi ネットワーク接続時の保護ルールを設定する方法

 
 
 
 
 

特定のカテゴリに分類された Web サイトに接続した場合にセキュアコネクションの動作を設定する方法

 
 
 
 
 

カスペルスキー セキュアコネクションの仕様

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 
 
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。