Ubuntu 14.04.xおよびUbuntu 16.04.xのアップデートによるリアルタイム保護モジュールのコンパイルの問題

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

Ubuntu 14.04.xおよびUbuntu 16.04.xのアップデートによるリアルタイム保護モジュールのコンパイルの問題

"トラブルシューティング"へ戻る
2017 8月 24 Article ID: 13487
 
 
 
 

以下のオペレーティングシステムをアップデートすると、 Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Serversのリアルタイム保護モジュールのコンパイルに問題が発生することがあります。

  • Ubuntu 14.04.x
  • Ubuntu 16.04.x

問題を解決するには:

  1. リアルタイム保護モジュールのソースコードを含む圧縮ファイル (kb_13487.zip)をダウンロードし、ファイルを解凍します。
  2. kernel.tgz ファイルを /opt/kaspersky/kav4fs/src フォルダーにコピーします。
  3. 次のコマンドを実行します。

cd /opt/kaspersky/kav4fs/src
mv kernel kernel.orig
tar -zxvf ~/kernel.tgz
/opt/kaspersky/kav4fs/bin/kav4fs-setup.pl --build


問題が解決しない場合はカスペルスキーカンパニーアカウントからお問い合わせください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。