Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server の Web コンソールとは

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server の Web コンソールとは

"コンソール経由の操作"へ戻る
2012 11月 08 Article ID: 2709
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server

Web コンソールは、Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server を管理するための使いやすい Web インターフェイスです。 Web コンソールでは、以下のアンチウイルスコンポーネントを管理および設定できます:
 

また、Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Server一般設定も指定できます。
 
 
 
Web コンソールを起動するには、以下のコマンドを使用します:
 
 # /etc/init.d/kav4fs-wmconsole start
 
次に、お使いのインターネットブラウザーに以下のアドレスを入力し、Web コンソールを開きます:
 
 <server_IP_address>:9080
 
次に、Anti-Virus のインストール時に設定したパスワードを入力します。
Web コンソールのパスワードを変更するには、以下のコマンドを使用します:
 
 # /opt/kaspersky/kav4fs/bin/kav4fs-wmconsole-passwd
 
次に、新しいパスワードを入力します。 
 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。