ウイルススキャンから除外できるファイル

 

 

カスペルスキー アンチウイルス 2012

 
 
 

ウイルススキャンから除外できるファイル

"技術情報"へ戻る
2013 6月 09 Article ID: 2746
 
 
 
 

関連製品:
  • カスペルスキー インターネット セキュリティ(すべてのビルド)
  • カスペルスキー アンチウイルス(すべてのビルド)
  • 情報

    Windows XPWindows Vista および Windows 7 が実行されているコンピューターが対象となります。

     

    さまざまな状況で深刻なパフォーマンスの問題が発生する可能性があります(ファイル動作が悪意のある活動として検知される場合のアンチウイルスアプリケーションによるシステムファイルのスキャンやブロックなど)。

    感染の危険性のないファイルがあります。特定のファイルセットが名前で識別される場合、フォルダー全体ではなくこれらのファイルのみを除外します。たとえば、フォルダー %windir%\SoftwareDistribution\Datastore\Logs にはファイル Edb.log が複数存在することがあります。ただし、フォルダー全体を除外する必要がある場合もあります。

    上記のようなファイルはファイル名の拡張子に基づいて除外しないでください。たとえば、拡張子が dit のファイルの保護セキュリティをすべて保証することはできないので、この拡張子があるファイルをすべて除外することは避けてください。

    以下のファイルグループをスキャンから除外できます:

    • Microsoft Windows Update または自動アップデート関連のファイル:
      • Windows Update または自動アップデートの定義データベースファイル。このファイルは以下のフォルダーにあります:
        %windir%\SoftwareDistribution\Datastore

        ファイル Datastore.edb を除外します。
      • トランザクションログファイル。これらのファイルは以下のフォルダーにあります:

        %windir%\SoftwareDistribution\Datastore\Logs


        以下のファイルを除外します:
        Edb*.log
        Res1.log
        Windows Vista および 7 の場合、このファイルの名前は Edbres00001.jrs になります。
        Res2.logWindows Vista および 7 の場合このファイルの名前は Edbres00002.jrs になります。
        Edb.chk
        Tmp.edb

        %windir%\security パスの以下のファイルを除外リストに追加する必要があります:
        *.edb
        *.sdb
        *.log
        *.chk

        具体的には以下のファイルを除外する必要があります:
        Edb.chk
        Edb.log
        *.log
        Security.sdb
        (フォルダー C:\windows\security\database
    • グループポリシー関連のファイル。これらのファイルはフォルダー %allusersprofile%\ にあります。

      ファイル NTUser.pol を除外します。
    • グループポリシークライアント設定ファイル。これらのファイルはフォルダー %Systemroot%\system32\GroupPolicy\ にあります。

      ファイル registry.pol を除外します。

     

    注意:ワイルドカード文字は複数のファイルが存在する可能性があることを示しています。

     
     
     
     
    この情報は役に立ちましたか?
    はい いいえ
     

     
     

    このサイトへのフィードバック

    サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

    サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

    ありがとうございます!

    お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。