Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のレポートを定期的に生成する方法

 

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のレポートを定期的に生成する方法

"通知とレポート"へ戻る
2013 6月 09 Article ID: 9147
 
 
 
 

関連製品 Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

以下はKaspersky Security 8.0 for Linux Mail Serverのレポートを定期的に生成する方法です。

  1. Webインターフェースにてレポートタブへ移動し、日次、週次、月次のリストからレポートタイプを選択します。
  2. レポートタイプのスイッチバーで有効・無効を設定します。
  3. 設定アイコンをクリックします。



  4. レポートの条件を設定します。
    • レポートが生成される時刻と日(週次の場合には曜日、月次の場合には日付を指定する必要があります)
    • レポート言語
    • レポートでの日付形式
    • 次のメールアドレスにレポートを送信(任意)

 


 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。