Kaspersky Systems Managementとは

 

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Systems Managementとは

"全般情報"へ戻る
2014 11月 26 Article ID: 9316
 
 
 
 

Kaspersky Systems Managementとは、以下の機能を提供するKaspersky Security Centerのライセンス製品です。
Kaspersky Systems Managementライセンスのアクティベーションの方法については以下のナレッジをご確認ください。

http://support.kaspersky.co.jp/9301


サードパーティアプリケーションのぜい弱性管理とパッチ配信

管理者はKaspersky Security Centerで管理しているクライアント端末にインストールされているサードパーティアプリケーションのぜい弱性をKaspersky Security Centerで把握することができます。さらに、Kaspersky Security Centerからクライアント端末にぜい弱性を修正するパッチをリモートで、強制的に、且つサイレントにインストールすることが可能です。ぜい弱性のレポート、パッチの配信はスケジュールタスクとして設定することが可能ですので、日常的に運用することが可能です。


OSのぜい弱性とWindowsUpdateの配信(WSUS)

管理者はKaspersky Security CenterをいわゆるWSUSサーバとして利用することも可能です。Kaspersky Security Centerは定期的にWindows Updateと同期をとり、最新のWindows Updateを確認することが可能です。Kaspersky Security Center経由でWindows Updateを配信することが可能です。Kaspersky Security CenterのWindows Updateとの同期とクライアントへのWindows Updateの配信はスケジュールタスクとして設定することが可能ですので、日常的に運用することが可能です。Windows Updateはその重要度、緊急度に応じた配信や管理者が許可したものだけ配信するなど細かい設定が可能です。


OSイメージの作成と配信

PCの入れ替えや、イメージを仮想環境に展開する際、セキュリティパッチやアプリケーションをインストールしたOSをKaspersky Security Centerでイメージとして管理することが可能です。また、Kaspersky Security CenterからネットワークエージェントがインストールされたOSや仮想マシンにネットワークを介して展開することが可能です。


IT資産管理

クライアントPCのアプリケーションやハードウェア情報などのインベントリ管理やアプリケーションのリモートインストール、アンインストールが行えます。また、ソフトウェアのライセンスを管理することができ、ライセンス超過時、ライセンス期限切れの際にはアラートで管理者に知らせます。

  • サードパーティアプリケーションのリモートインストールの方法<準備中>
  • ソフトウェアインベントリ、ハードウェアインベントリのレポート<準備中>
  • サードパーティソフトウェアのライセンス管理方法<準備中>

 [Kaspersky Systems Managementナレッジ一覧]

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

{{ }}