オペレーティングシステムの再インストール時やコンピューターの入れ替え時に Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のデータを保存する方法

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for file servers)

 
 
 

オペレーティングシステムの再インストール時やコンピューターの入れ替え時に Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のデータを保存する方法

"インストール / 削除"へ戻る
2013 10月 03 Article ID: 9495
 
 
 
 

オペレーティングシステムの再インストール時やコンピューターの入れ替え時に、Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows の次のデータを新しいシステムに移行できます:

ライセンス 

ライセンス情報ファイルまたはアクティベーションコードを任意のメディアに保存し、後でそれを使用して新しいシステムで製品のアクティベーションを行います。

アプリケーション設定 

ファイル install.cfg にアプリケーション設定をエクスポートします。新しいオペレーティングシステムまたはコンピューターに製品をインストールした後、このファイルをインポートします。

定義データベース 

フォルダーにアップデート(ダウンロード済みの定義データベース)をコピーします。新しいオペレーティングシステムまたはコンピューターに製品をインストールした後、最初のアップデートタスク実行時にこのフォルダーをアップデート元として使用します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。