Kaspersky Security for Virtualization 2.0 の新機能

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 2.0 | Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 2.0 の新機能

"一般情報"へ戻る
2013 9月 09 Article ID: 9617
 
 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 2.0 には、次の新しい機能があります:

  • ネットワーク攻撃防御は、仮想マシンのネットワークトラフィックでネットワーク攻撃特有の動きを検知し、ブロックする新しい機能です。 
  • 仮想マシンの保護やスキャンを行っている間、Kaspersky Security Network サービスを利用できるようになりました。 
  • SVM が導入されているすべての VMware ESXi ホストの物理プロセッサで使用されているコア数によってライセンスを許可するオプションを追加しました。 
  • VMware 仮想インフラストラクチャに導入されている SVM イメージのバージョンのリストを表示できるようになりました。
  • 特定の KSC クラスターに属する仮想マシンのリストを表示できるようになりました。リストには、各仮想マシンの保護ステータスが表示されます。 
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。