ぜい弱性スキャンタスクレポートのフィールド[アプリケーション]、[説明]、[開発元]に整合性のないデータが表示される

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for file servers)

 
 
 

"トラブルシューティング"へ戻る
2013 11月 14 Article ID: 9863
 
 
 
 

説明

ぜい弱性スキャンタスクレポートのフィールド[アプリケーション]、[説明]、[開発元]のデータに整合性がありません。

理由

コンピューターにインストールされているアプリケーションのバージョンが一致する場合、ぜい弱性スキャンタスクレポートに誤ったデータが表示されている可能性があります。

タスクがレジストリを検索する際、アプリケーション名とバージョンの両方が考慮されます。まず、製品名がレジストリで見つかると、次に、すでに見つかったブランチに関係なく、レジストリ全体でそのバージョンを探します。

したがって、場合によっては、カスペルスキー アンチウイルスはあるレジストリブランチで製品名を見つけ、別のブランチ(最初のブランチと対応しないブランチ)で製品バージョンを見つけることがあります。

その結果、レポートのフィールドに異なる製品に関する(異なるレジストリブランチからの)データが表示されることがあります。

この問題は、製品の今後のバージョンで修正されます。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。