64 ビット版 Linuxに Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server をインストールするときに「Can't exec "/opt/kaspersky/klms/libexec/generate_uuid"」というエラーが表示される

 

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

"インストール / 削除"へ戻る
2014 3月 27 Article ID: 9906
 
 
 
 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server を、64bit版 Linux にインストールするとき、下記のエラーメッセージが表示さることがあります。

Can't exec "/opt/kaspersky/klms/libexec/generate_uuid":No such file or directory at /opt/kaspersky/klms/lib/perl/KL/App.pm line 2172, <STDIN> line 6.
Error:FATAL: can't generate installation id.

このエラーは、32 ビット互換ライブラリがインストールされていないことを意味します。

この問題を解決するには、システムに以下のパッケージをインストールしてください:

  • # apt-get install libc6-i386 ia32-libs(Debian および Ubuntu の場合)
  • # yum install glibc.i686(RHEL、Fedora、CentOS の場合)
  • # zipper install glibc-32bit(OpenSuSE、SLES、OES の場合)
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。