カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 で不正ロック対策を有効にする方法

 

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 で不正ロック対策を有効にする方法

"プロテクション"へ戻る
2013 9月 30 Article ID: 9986
 
 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014システムウォッチャーには、不正ロック対策という特別なオプションが含まれています。設定されたキーの組み合わせをクリックすることで、電話番号へ SMS を送信するように要求するバナーを閉じることができます。このとき、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 によって不正ロックが検知され、削除されます。

不正ロックは、コンピューターを初期状態へ戻すためのコンピューターや有料の SMS 送信を要求する機能へのアクセスについて、ブロックまたは制限します。この場合、SMS を送信したとしても、コンピューターへのアクセスはブロックされたままになります。

不正ロック対策オプションを有効するには、次の操作を行います:

  1. カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 を開きます
  2. ウィンドウ下部にある[設定]をクリックします。

  1. 設定]ウィンドウで[プロテクション]タブに移動し、[システムウォッチャー]を選択します。

  1. システムウォッチャー]ウィンドウの[不正ロック対策]セクションで、[デスクトップロッカーを検知して終了する]チェックボックスがオンになっていることを確認します。
  2. 不正ロックを手動で終了するためのキーの組み合わせを選択します。

  1. メインウィンドウを閉じます。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。