コンピューターからウイルス Win32.FunLove を駆除する方法

 

 

Safety 101: ウイルスとソリューション

 
 
 

コンピューターからウイルス Win32.FunLove を駆除する方法

"ウイルスとソリューション"へ戻る
2013 8月 28 Article ID: 38
 
 
 
 

ユーティリティ (バージョン 3.1.3)を使用してコンピューターの感染を駆除できます。

注意:このユーティリティはバックグラウンドモードでは動作しません。すなわち、繰り返される感染からは保護されません。ただし、メモリをスキャンし、メモリが感染していた場合は、要求に応じてハードディスクをスキャンすることができます。

インターネットにつながっているコンピューターからワーム Win32.FunLove を駆除するには、次の操作を行います:

  1. 感染したコンピューターをインターネットから切断します。
  2. ユーティリティ KL Anti-FunLove を実行します。
  3. 別のバージョンのユーティリティがすでにコンピューターにインストールされている場合、ユーティリティウィンドウに[Cancel]と[Delete]の 2つ のボタンが表示されます。そうでない場合は[Install]が表示されます。
  4. Deinstall]メッセージが表示された場合、このボタンをクリックすると、以前のバージョンがアンインストールされ、コンピューターが再起動します。コンピューターが再起動した後、再度ユーティリティを実行します。この場合、ユーティリティウィンドウに[Install]が表示されます。

  1. ユーティリティウィンドウに[Install]が表示された場合、ユーティリティは必要なファイルをコンピューターにインストールし、それらを登録して、コンピューターを再起動します。
  2. 再起動時にユーティリティはメモリとハードディスクをスキャンします(スキャンプロセスとその結果が画面に表示されます)。
  3. コンピューターの感染が正常に駆除された後、コンピューターを再起動してください。
  4. その後、Kaspersky Anti-Virus を再インストールします。駆除後はファイルの CRC チェックサムとシグネチャが必須の値または初期の値と対応しなくなり、アンチウイルスパックのモジュールが競合するからです。

KLAntiFunLove ユーティリティには、悪意のある機能は含まれていません。しかし、サードパーティのアンチウイルス製品の中には誤って悪意のあるものとして検知するものがあります。それは、このユーティリティに FunLove という悪意のあるプログラムを検知するために使用されるシグネチャが含まれるために起こります。

www.VirusTotal.com からのレポート

アンチウイルス製品

KL Anti-FunLove ユーティリティの検知

AhnLab-V3   
AntiVir   
Avast   
Avast5 
Commtouch   
Emsisoft   
F-Prot   
Fortinet   
GData   
Ikarus   
K7AntiVirus   
McAfee   
McAfee-GW-Edition   
Norman   
Panda   
Prevx   
Rising   
TrendMicro 
TrendMicro-HouseCall   
VirusBuster

Malware/Win32.Generic
Worm/Agent.217152
Win32:FunLove-B
Win32:FunLove-B
W32/MalwareF.JJJB
Virus.Win32.FunLove!IK
W32/MalwareF.JJJB
PossibleThreat.vw
Win32:FunLove-B
Virus.Win32.FunLove
Virus
Generic.dx
Generic.dx
W32/Suspicious_Gen2.SFOU
Trj/CI.A
Medium Risk Malware
Trojan.Win32.Generic.12525A0F
TROJ_GEN.R4AC4G4
TROJ_GEN.R4AC4G4
Win32.Funlove.4070


 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。