Windows 8.1 へのアップグレードの後に、「カスペルスキー インターネット セキュリティのインストール後に、オペレーティングシステムのバージョンが変更されました」というメッセージが表示される

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014

 
 
 

Windows 8.1 へのアップグレードの後に、「カスペルスキー インターネット セキュリティのインストール後に、オペレーティングシステムのバージョンが変更されました」というメッセージが表示される

"トラブルシューティング"へ戻る
2013 11月 11 Article ID: 10028
 
 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 がインストールされた状態で Windows 8 から Windows 8.1 へアップグレードをすると、「カスペルスキー インターネット セキュリティのインストール後に、オペレーティングシステムのバージョンが変更されました」というメッセージが表示されることがあります。

多くの場合、Windows 8.1 と互換性のないカスペルスキー インターネット セキュリティ 2014バージョン14.0.0.4651)がインストールされている場合です。

日本語版のカスペルスキー インターネット セキュリティ 2014は、Windows 8.1 に対応したバージョンのみを配布しているのでこの問題は発生しません。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了