Kaspersky Small Office Security 3 for Personal Computer のアプリケーションコントロールで保護されたプログラムとリソースの権限を設定する方法

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (PC)

 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for Personal Computer のアプリケーションコントロールで保護されたプログラムとリソースの権限を設定する方法

"プロテクション"へ戻る
2014 2月 18 Article ID: 10325
 
 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for Personal Computerアプリケーションコントロールは、システム内のアプリケーションの動作を記録し、ルールに基づいてアプリケーションの活動を管理します。これらのルールにより、アプリケーションのさまざまなリソースへのアクセスが管理されます。

Kaspersky Small Office Security 3 for Personal Computer で扱われるリソースには、オペレーティングシステム個人情報の 2 つのカテゴリがあります。

このカテゴリのいずれかに該当するリソースを取り扱う際、アプリケーションコントロールは、Kaspersky Small Office Security 3 for Personal Computer であらかじめ定義されたルールに従って、実行の許可、ユーザーへの確認、アプリケーションのブロックを行います。

 
 
 
 
 

1. アプリケーションルールを設定する方法

 
 
 
 
 

2. オペレーティングシステムのカテゴリにリソースを追加する方法

 
 
 
 
 

3. 個人情報のカテゴリにリソースを追加する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了