Kaspersky Small Office Security for Personal Computer で低負荷スキャンを有効にする方法

 

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (PC)

 
 
 

Kaspersky Small Office Security for Personal Computer で低負荷スキャンを有効にする方法

"スキャン"へ戻る
2014 4月 11 Article ID: 10332
 
 
 
 

コンピューターのウイルスとぜい弱性のスキャンは、コンピューターのセキュリティを確保する上で最も重要なタスクの 1 つです。コンピューターでの定期的なウイルスのスキャンは、他の保護コンポ―ネントで発見されなかった悪意のあるアプリケーションが拡散する可能性を排除するために必要です。ぜい弱性スキャンは、オペレーティングシステムを診断し、悪意のあるプログラムの拡散や個人情報の取得などに悪用される可能性があるアプリケーションの機能を検知します。

Kaspersky Small Office Security 3 for Personal Computer は、低負荷スキャン機能を備えています。この機能を使うと、コンピューターの負荷が低いときに、多くのリソースを必要とするタスク(たとえば、スケジュールされたスキャン)を実行できます。低負荷スキャンが有効になっていると、コンピューターがロックされていたり、スクリーンセーバーが 5 分間表示されていた場合に、多くのリソースを必要とするすべてのタスクが実行されます。

コンピューターがバッテリーで稼働している場合は、低負荷時でもスキャンは実行されません。

 
 
 
 
 

1. 低負荷スキャンの動作

 
 
 
 
 

2. 低負荷スキャンを有効にする方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了