競合するソフトウェアや以前のバージョンのプログラムをアンインストールせずに Kaspersky Small Office Security 3 for File Server をインストールする方法

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (FS)

 
 
 

競合するソフトウェアや以前のバージョンのプログラムをアンインストールせずに Kaspersky Small Office Security 3 for File Server をインストールする方法

"インストール / 削除"へ戻る
2014 6月 02 Article ID: 10340
 
 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for File Server のインストール中に競合するソフトウェアが検出された場合、競合するソフトウェアのリストが表示されます。それぞれのアプリケーションをアンインストールすることも(場合によっては手動でのアンインストールが必要)、何もせずそのまま次に進むこともできます。

Kaspersky Small Office Security 3 for File Server は、Kaspersky Small Office Security 2 の保護設定とライセンス情報を保持したままインストールできます。前のバージョンをアンインストールする必要はありません。

競合するソフトウェアを検出しました]ウィンドウが表示されたら、次の操作を行います:

  • 削除]をクリックします。

競合するソフトウェアの削除が完了しました]ウィンドウで、[コンピューターを再起動する]をクリックします。再起動後、引き続き Kaspersky Small Office Security 3 for File Server のインストールが行われます。

  • スキップ]をクリックします。競合するソフトウェアをコンピューターに残しておくには、[競合するソフトウェアをコンピューター上に保持しておきますか?]というメッセージに対して[保持]をクリックします。インストールが続行されます。
  • 競合するソフトウェアをアンインストールせずにインストールを続行すると、アプリケーションが正常に動作しない可能性があります。これについて、カスペルスキーは一切の責任を負いかねます。

 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了