拡張保護モード(EPM:Enhanced Protected Mode)が有効になっている Internet Explorer 10 と Kaspersky Small Office Security 3 for File Server プラグインとの非互換性

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (FS)

 
 
 

拡張保護モード(EPM:Enhanced Protected Mode)が有効になっている Internet Explorer 10 と Kaspersky Small Office Security 3 for File Server プラグインとの非互換性

"トラブルシューティング"へ戻る
2014 7月 15 Article ID: 10433
 
 
 
 

Internet Explorer 10拡張保護モード(EPM:Enhanced Protected Mode)が有効になっていると、一部の Kaspersky Small Office Security 3.0 for File Server プラグインが誤動作する場合があります。EPM モードを無効にするには、Internet Explorer 10 で次の操作を行います:

  1. ブラウザーウィンドウ右上の[]をクリックし、メニューから[インターネット オプション]を選択します。

 

  1. 詳細設定]タブに移動し、[拡張保護モードを有効にする]をオフにします。 
  2. OK]をクリックします。

 

  1. コンピューターを再起動して変更を適用します。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了