Kaspersky Small Office Security 3 for File Server の定義データベースのアップデート方法

 

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (FS)

 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for File Server の定義データベースのアップデート方法

"閲覧の多い記事"へ戻る
2014 5月 29 Article ID: 10450
 
 
 
 

新種や亜種のウイルスが毎日大量に発生しており、コンピューターを感染から保護するには、Kaspersky Small Office Security 3 for File Server の定義データベースを定期的にアップデートし、アップデートした定義データベースを使用して、週に 1 回以上コンピューターの完全スキャンを実行する必要があります。

Kaspersky Lab のサーバーからアップデートファイルをダウンロードするには、コンピューターがインターネットに接続している必要があります。既定では、インターネットの接続設定が自動検出されます。ただし、プロキシサーバーを使用してインターネットに接続する場合は、プロキシサーバーの設定を行ってください。

既定では、Kaspersky Small Office Security 3 for File Server は自動的にアップデートファイルをダウンロードします。本製品の設定で手動またはカスタムアップデートも選択できます。

 
 
 
 
 

1.定義データベースのアップデートをタスクバーのアイコンのコンテキストメニューから実行する方法

 
 
 
 
 

2.定義データベースのアップデートをメインウィンドウから実行する方法

 
 
 
 
 

3.管理コンソールからアップデートを実行する方法

 
 
 
 
 

4.定義データベースの公開日の確認方法

 
 
 
 
 

5.アップデートで問題が発生した場合の対処方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了