Kaspersky Small Office Security 3 for File Server でテクニカルサポート用のデータを収集する方法

 

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (FS)

 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for File Server でテクニカルサポート用のデータを収集する方法

"トラブルシューティング"へ戻る
2014 7月 16 Article ID: 10458
 
 
 
 
Kaspersky Small Office Security 3 for File Server のインストール後、コンピューターを再起動したとき、または何らかのタスクを開始したときに、オペレーティングシステムのエラーメッセージが表示されるなど、オペレーティングシステムの動作が不安定になることがあります。おそらく、コンピューターにインストールされた一部のソフトウェアやドライバーと本製品との間で競合が起きています。
 
この問題を解決するには、Kaspersky Lab のテクニカルサポートで Kaspersky Small Office Security 3 for File Server のコンポーネントのトレースファイルが必要になる場合があります。
 
以下の操作は、テクニカルサポートのスペシャリストの指示がないかぎり行わないでください。誤ってトレースを有効にすると、ハードディスクの空き容量を消費してしまいます。
 
 
 
 
 

1.トレースファイルの生成方法

 
 
 
 
 

2.トレースファイルを見つける方法

 
 
 
 
 

3.AVZ スクリプトの実行

 
 
 
 
 

4.システムデータの収集と AVZ ログの生成

 
 
 
 
 

5.Kaspersky Lab サーバーへのトレースファイルのアップロード

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了