Kaspersky Security Center からタスクを実行するとエラーが発生する場合がある

 

 

Kaspersky Anti-Virus 8.0 for Linux File Servers

 
 
 

Kaspersky Security Center からタスクを実行するとエラーが発生する場合がある

"トラブルシューティング"へ戻る
2014 5月 08 Article ID: 10564
 
 
 
 

Kaspersky Security Center上で作成した各タスク(オンデマンドスキャン、アップデート)の実行時エラーが発生してタスクが実行できない場合があります。

 

事象原因:
Kaspersky Security Center側とAnti-Virus for Linux File Server側との間で、タスク登録の同期に失敗してしまい、Kaspersky Security Centerで作成したタスクがAnti-Virus for Linux File Server側には存在していない状態となるためです。

対応方法:
15分以上待ってから再度タスクの実行を行ってください。

15分以上待ってからタスクを実行してもエラーが発生する場合は、Anti-Virus for Linux File ServerのWeb管理コンソール、または該当端末にアクセスし、コマンドコンソールから新規タスクを作成して実行してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了