ライセンスを開放する方法(Kaspersky Security Center)

 

Kaspersky Security Center

 
 
 

ライセンスを開放する方法(Kaspersky Security Center)

"ライセンス"へ戻る
更新日: 2021年05月28日 Article ID: 10614
 
 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 または 11 を管理対象コンピューターから削除した後、ライセンス情報が管理サーバーの [ ライセンス使用レポート ] に表示されたままになることがあります。

ライセンスを開放するには:

  1. Kaspersky Security Center の画面を開きます。
  2. [ 管理対象デバイス ] に移動します。
  3. 管理グループから管理対象コンピューターを削除します。
  4. [ 未割当のデバイス ] に移動します。
  5. データベースから管理対象コンピューターを削除します。
  6. キーボードの F5 キーを押して管理コンソールを更新します。
  7. [ 管理サーバー ] に移動し、[ レポート ] タブを開きます。
  8. [ ライセンス使用レポート ] を右クリックし、[ 更新 ] を選択します。

 

Kaspersky Endpoint Security がコンピューターに再度インストールされ、エントリが削除されなかった場合は、コンピューターの古いエントリと新しいエントリの両方に対して 手順 1〜8 をもう一度行います。

問題が発生した場合は、カスペルスキーのテクニカルサポート へお問い合わせください。お問い合わせの際は、発生している問題について詳しく記載してください。お問い合わせの前に、こちらのページ に記載の内容をよくご確認ください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了