Kaspersky Security Center 10 で Kaspersky Security Network を有効または無効にする方法

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 で Kaspersky Security Network を有効または無効にする方法

"サーバーメンテナンス"へ戻る
2019 2月 04 Article ID: 10616
 
 
 
 
本記事は Kaspersky Security Center 10 Service Pack 2 (バージョン 10.3.407.0) 以上を対象とした記事です。
 
 
 
 

Kaspersky Security Network ( KSN ) の有効化または無効化は管理者の権限で行います。Kaspersky Security Centerのインストール直後に、初期セットアップウィザードから管理者にKaspersky Security Networkへの参加が求められます。

管理者は対応する管理対象デバイスグループのKaspersky Endpoint Security 10 のプロパティで、いつでもKaspersky Security Networkの有効化または無効化を変更できます。ポリシーはグループに属するすべてのコンピューターに適用されるので、Kaspersky Security Networkの設定もグループのすべてのコンピューターに影響します。

 
 
 
 
 

Kaspersky Security Networkを有効にするには

 
 
 
 
 

Kaspersky Security Networkのサービス自体を無効にするには

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了