Kaspersky Security Center 10 でリモートインストール用インストールパッケージを作成する方法

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 でリモートインストール用インストールパッケージを作成する方法

"インストール / 削除"へ戻る
更新日: 2019 5 10 Article ID: 10625
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 には、管理対象グループコンピューターにソフトウェアをリモートでインストールする機能があります。
ソフトウェアをリモートでインストールするには、インストールパッケージを作成する必要があります。

インストールパッケージは管理サーバーコンソールで作成されます。次の種別があります:

  • カスペルスキー製品用インストールパッケージ
    • このパッケージはカスペルスキー設定ファイルに基づいて作成されます。ファイルの拡張子は、*.kud および *.kpd です。
      ファイルには、インストールプロセスのスクリプトやインストールに必要なその他のパラメータが含まれます。
      たとえば、コマンドラインのキーを指定できます。
      ファイルは、\\localhost\KLSHARE\Packages\<インストールするアプリケーション名のフォルダー>\exec フォルダーに置かれます。KUD ファイルは KPD ファイルの Unicode バージョンです。
  • *.msi、*.exe、*.msp、*.bat、*.cmd ファイルまたは Kaspersky Lab データベースからのアプリケーションインストールパッケージ
  • Kaspersky Labデータベースからのアプリケーションインストールパッケージ
  • オペレーティングシステムのイメージ
 
 
 
 
 

カスペルスキー製品のインストールパッケージを作成する方法

 
 
 
 
 

サードパーティのアプリケーションのインストールパッケージを作成する方法

 
 
 
 
 

基準となるオペレーティングシステムのイメージを作成する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了