Kaspersky Security Center 10 で OS イメージを取得・導入する方法

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 で OS イメージを取得・導入する方法

"インストール / 削除"へ戻る
2019 2月 04 Article ID: 10626
 
 
 
 
本記事は Kaspersky Security Center 10 の全てのバージョン を対象とした記事です。
 
 
 
 

Kaspersky Security Center 10 にて Kaspersky Systems Management の機能を使用して、OS イメージを取得・導入する方法をご説明します。

事前準備(イメージ取得):

  1. Kaspersky Security Center 10 を使用してイメージの取得・導入を行うためには、Kaspersky Systems Management のライセンスを使用してアクティベートを行う必要があります。
    ライセンスのアクティベート手順は以下のナレッジベースを参照してください。

    Kaspersky Security Center 10のアクティベーション手順

  2. ネットワークエージェントがインストールされている環境のイメージを取得する際は、ネットワークエージェントのインストール時、使用する環境により、以下ナレッジベースに記載されているどちらかの手順を実施する必要があります。

    ネットワークエージェントがインストールされているシステムのイメージの作成方法
    ネットワークエージェントがインストールされている仮想マシンのイメージの作成方法

  3. イメージを取得するコンピューターが KSC から参照できることを確認します。

  4. イメージ保存先とする共有フォルダーをKSC上に作成します。(ここでは C:\image_folder とします)

  5. ネットワークブートを行う際、DHCPサーバーが必要となります。PXEサーバーとDHCPサーバーはポートが競合するため、PXEサーバーとは別のコンピューターにDHCPサーバーを構築してください。
  6. コンピューターに対してネットワークブートを行うためPXEサーバーの設定を行う必要があります。PXEサーバーの設定手順は次セクションでご説明します。
 
 
 
 
 

PXEサーバーの設定

 
 
 
 
 

イメージの取得

 
 
 
 
 

事前準備(イメージの展開)

 
 
 
 
 

イメージの展開(OSインストール済みのコンピューター)

 
 
 
 
 

イメージの展開(OSインストールがされていないコンピューター)

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了