Kaspersky Small Office Security 3 for File Server のデータ暗号化の詳しい情報

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (FS)

 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for File Server のデータ暗号化の詳しい情報

"データ暗号化"へ戻る
2014 2月 28 Article ID: 10635
 
 
 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for File Serverデータ暗号化機能は、ユーザーデータの不完全な削除や、オペレーティングシステムによるシステムファイルの保護されていない書き込みの結果として発生する可能性がある、不正アクセスやデータ漏えいから個人情報を保護します。

個人情報を保護するために、暗号化のメカニズムが使用されます。つまり、データは特別なコンテナーに暗号化された形式で保存されます。コンテナーとは、ユーザーがデータ暗号化機能を使って作成する、暗号化されたオブジェクトのことです。

128 Advanced Encryption Standard(AES)という対照暗号化アルゴリズムが、コンテナーの暗号化に使用されます。

コンテナーに保存されたデータにアクセスするには、パスワードを入力する必要があります。Kaspersky Small Office Security 3 for File Server がコンピューターにインストールされている必要があります。

保護されたコンテナーにアクセスすると、コンテナーに保存されたデータは自動的に RAM に復号化されます。データの処理が終了すると、自動的に暗号化されます。

個人情報を安全に保護するために、暗号化されたコンテナーを作成します。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了