Kaspersky Small Office Security 3 for File Sever のアプリケーションコントロールで保護されたプログラムとリソースの権限を設定する方法

 

カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ 3.0 (FS)

 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for File Sever のアプリケーションコントロールで保護されたプログラムとリソースの権限を設定する方法

"プロテクション"へ戻る
2014 2月 28 Article ID: 10651
 
 
 
 

Kaspersky Small Office Security 3 for File Serverアプリケーションコントロールは、システム内のアプリケーションの動作を記録し、ルールに基づいてアプリケーションの活動を管理します。これらのルールにより、アプリケーションのさまざまなリソースへのアクセスが管理されます。

Kaspersky Small Office Security 3 for File Sever で扱われるリソースのカテゴリには次の 2 つがあります:オペレーティングシステムおよび個人情報

あるカテゴリに属するリソースの操作を行うとき、アプリケーションコントロールは、Kaspersky Small Office Security 3 for File Server によってあらかじめ定義されたルールに従い、アプリケーションを許可したり、ユーザーに処理を要求したり、ブロックしたりします。

 
 
 
 
 

1.アプリケーションルールを設定する方法

 
 
 
 
 

2.オペレーティングシステムのカテゴリにリソースを追加する方法

 
 
 
 
 

3.個人情報のカテゴリにリソースを追加するには

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了