MMCコンソールで「スナップインを初期化できない」というエラーが発生する

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

MMCコンソールで「スナップインを初期化できない」というエラーが発生する

"エラー"へ戻る
更新日: 2019 9 10 Article ID: 10665
 
 
 
 

本記事は Kaspersky Security Center 10 の全てのバージョン を対象とした記事です。

 
 
 
 

スナップインを初期化できない」というエラーが、管理コンソールの起動時や管理対象コンピューターのグループ間の切り替え時に発生することがあります。

10665_1



次の方法でこの問題を解決するには:

  1. 管理コンソール画面を終了します。
  2. コントロールパネルの「サービス」にて"Kaspersky Security Center 10 管理サーバー"サービス(サービス名: kladminserver)を停止します。
    (Windowsスタートメニューの「Windows管理ツール」-「サービス」からサービスを起動することも可能でございます。)
  3. 以下のフォルダーにある CS Admin Kit ファイルまたは Kaspersky Security Center ファイルを削除します。
    (バージョンによって「Kaspersky Security Center10」、「Kaspersky Security Center11」等、
     Kaspersky Security Centerの末尾に数字が付与され、ファイル名が異なる場合がございます。) 
    • Windows 7 / Windows 10 / Windows Server 2008 / Windows Server 2012 / Windows Server 2016 以降の場合
      (「AppData」は隠しフォルダーですのでご注意ください。)
      С:\Users\<ユーザーアカウント>\AppData\Roaming\Microsoft\MMC\
    • WindowsXPの場合
      C:\Documents and Settings\<ユーザーアカウント>\Application Data\Microsoft\MMC\

注記:上記のフォルダーに目的のファイルがない場合、検索機能を使用してファイルを探してください。

ファイルを削除した後、管理サーバーサービスを開始します。 


ファイル削除後は、改めてサーバーアドレスやログイン情報を入力し、接続し直す必要がございます。

クライアントコンピューター上のデータ、グループ、タスク、ポリシーはすべて保持されます。

この操作を行っても問題が解決しなかった場合、コーポレートサポートセンターまでお問い合わせください。その際に問題の再現中に収集された管理コンソールトレースファイルを送信してください。ファイルの検索結果もお問合わせに添付してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了