Kaspersky Security Center 10 の KSN サービスと Blue Coat プロキシアプライアンスとの互換性

 

Kaspersky Security Center 10

 
 
 

Kaspersky Security Center 10 の KSN サービスと Blue Coat プロキシアプライアンスとの互換性

"サーバーメンテナンス"へ戻る
2018 11月 07 Article ID: 10884
 
 
 
 

プロトコルの検出 ]オプションを有効にして Blue Coat プロキシアプライアンスを使用する場合、Kaspersky Security Network サービスは機能しません。

プロトコルの検出]は、トラフィックの種別を識別し、その種別のトラフィックが既定で使用するポートにリダイレクトする機能です(たとえば、SSL 接続がポート 80(通常は SSL ではなく HTTP が使用するポート)に着信した場合、プロトコルの検出が有効であると、その SSL 接続はポート 443 にリダイレクトされます)。

互換性問題を解消するには、[プロトコルの検出]を無効にします。それには、Blue Coat 設定ファイルに以下のコマンドを追加します:

http.method=CONNECT detect_protocol(no) ALLOW

詳細については、Blue Coat ナレッジベースを参照してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了