Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless でのネットワーク上の脅威の検知

 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 | Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless でのネットワーク上の脅威の検知

"管理方法"へ戻る
2015 12月 09 Article ID: 11133
 
 
 
 

ネットワーク攻撃防御コンポーネントは、仮想マシンのネットワークトラフィックに攻撃がないかスキャンします。

VMware ESXi ホストにインストールされた、ネットワーク攻撃防御コンポーネントを搭載する 1 台の仮想マシンが、そのホスト上のすべての仮想マシンをネットワーク攻撃から保護します。

ネットワーク攻撃検知が有効になっていると、攻撃が行われたIPアドレスからの仮想マシンへの更なる攻撃をブロックするため、Kaspersky Security for Virtualization は事前に設定された時間、そのIP アドレスからの通信をブロックします。

攻撃のような動作が検知された場合でも、Kaspersky Security for Virtualization によってブロックされない IP アドレスのリストを作成することができます。

 
 
 
 
 

1.ネットワーク攻撃防御を有効または無効にする方法

 
 
 
 
 

2.IP アドレスによるブロックを設定する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了