カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 で低負荷スキャンを有効にする方法

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 で低負荷スキャンを有効にする方法

"パフォーマンス"へ戻る
2014 5月 14 Article ID: 11150
 
 
 
 
 

ウイルスとぜい弱性のスキャンは、コンピュータの安全を確保する上で最も重要なタスクの 1 つです。ウイルススキャンは、保護システムによって検知されなかった悪意のあるコードの拡散を検知します。ぜい弱性スキャンは、犯罪者が悪意のあるソフトウェアを拡散させ、個人情報にアクセスするために利用する可能性のあるソフトウェアのぜい弱性を検知します。  

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 には、低負荷スキャン機能を備えています。この機能は、コンピューターのリソースの利用を最適化するよう設計されています。低負荷スキャンでは、リソースを消費するすべてのタスクは、コンピューターがアイドル状態のとき(ユーザーがロックしているときや、スクリーンセーバーが 5 分間動作しているとき)にのみ実行されます。

コンピューターがバッテリーで稼働している場合は、アイドル状態でも低負荷スキャンは実行されません。

低負荷スキャンには、以下のタスクが含まれます:

  • 定義データベースとモジュールのアップデート
  • システムメモリ、スタートアップオブジェクト、システムレジストリのスキャン
 
 
 
 
 

1.低負荷スキャンのアルゴリズム

 
 
 
 
 

2.低負荷スキャンを有効にする方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了