カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 での隔離

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 での隔離

"各種機能"へ戻る
2014 7月 15 Article ID: 11211
 
 
 
 

隔離 とは、ウイルスに感染している可能性のあるオブジェクトを保存する特別な領域です。

感染している可能性のあるオブジェクト とは、ウイルスやウイルスの変種に感染している疑いがあるオブジェクトのことです。 隔離 によって、コンピューターに脅威が及ばないようになります。 

既定では、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 は検知された悪意のあるオブジェクトを削除します。悪意のあるファイルの自動削除を無効にして、脅威を検知したときの処理を設定することができます。

 
 
 
 
 

1.隔離されたファイルの操作

 
 
 
 
 

2.隔離の場所

 
 
 
 
 

3.脅威の検知時の自動処理を無効にする方法

 
 
 
 
 

4.検知した脅威に対する処理を設定する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了