システムの起動時にカスペルスキー アンチウイルス 2015 の起動の延期を有効または無効にする方法

 

カスペルスキー アンチウィルス 2015

 
 
 

システムの起動時にカスペルスキー アンチウイルス 2015 の起動の延期を有効または無効にする方法

"パフォーマンス"へ戻る
Article ID: 11239
 
 
 
 

システムを効率よく起動するために、カスペルスキー アンチウイルス 2015 の開始を延期するオプションを使用できます。 

ただし、このオプションを使用すると、カスペルスキー アンチウイルス 2015 が開始する前に確立されたネットワーク接続を保護できなくなることから、セキュリティ上の理由により、できるだけ使用しないでください。このオプションを設定すると、システムの起動時にデータを送受信するプログラムの悪意のある動作を、本製品がインターセプトしてブロックできなくなります。

開始延期のオプションを有効または無効にするには、次の操作を行います:

  1. カスペルスキー アンチウイルス 2015 を開きます。
  2. メインウィンドウの左下隅にある、[設定]をクリックします。

Kaspersky Anti-Virus 2015 main window

  1. 設定]ウィンドウで、[パフォーマンス]に移動します。
  2. ウィンドウの右側で、[コンピューターの起動中は Windows にシステムリソースを優先する]オンまたはオフにします。

Concede resources to operating system when computer starts

  1. メインウィンドウを閉じます。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了