カスペルスキー アンチウイルス 2015 で低負荷スキャンを有効にする方法

 

カスペルスキー アンチウィルス 2015

 
 
 

カスペルスキー アンチウイルス 2015 で低負荷スキャンを有効にする方法

"パフォーマンス"へ戻る
2014 6月 17 Article ID: 11240
 
 
 
 

コンピューターのぜい弱性のスキャンは、コンピューターのセキュリティを確保する上で最も重要なタスクの 1 つです。コンピューターでウイルスをスキャンすると、何らかの理由でセキュリティコンポーネントによってインターセプトされなかった悪意のあるコードが発見されます。ぜい弱性スキャンは、コンピューターにインストールされているソフトウェアのセキュリティを評価して、ぜい弱性攻撃の侵入を防ぎます。

カスペルスキー アンチウイルス 2015低負荷スキャン機能を使用すると、ファイルのスキャンや定義データベースのアップデートなどのリソースを消費するすべてのタスクは、コンピューターを使用していないときにのみ実行されます。

コンピューターがバッテリーで稼働しているときには、タスクは開始されません。

コンピューターがアイドル状態のときに、以下のタスクが実行されます:

  • 定義データベースとモジュールのアップデート
  • システムメモリ、スタートアップオブジェクト、システムパーティションのスキャン

低負荷スキャンタスクは、システムがユーザーによってロックされた場合や、スクリーンセーバーが 5 分間表示された場合に開始されます。

 
 
 
 
 

1.低負荷スキャンのアルゴリズム

 
 
 
 
 

2.低負荷スキャンを有効にする

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了