カスペルスキー アンチウイルス 2015 の既知の問題と制限

 

カスペルスキー アンチウィルス 2015

 
 
 

カスペルスキー アンチウイルス 2015 の既知の問題と制限

"トラブルシューティング"へ戻る
2014 9月 30 Article ID: 11249
 
 
 
 

既知の問題

カスペルスキー アンチウイルス 2015 で、以下の問題が把握されています:

  • Microsoft Windows 7 x64 またはそれ以前のOSにおいて、 カスペルスキー アンチウイルス 2015 の 一部の設定は、 製品をリモートアクセスにより使用している間は 編集できません。
  • [HTTP プロトコルを SPDY プロトコルの代わりに使用する]が が無効に設定されている場合、 一部の Web リソースは開くことができません。
  • スキャンタスク設定でファイルまたはフォルダーが選択されている場合、フォルダーの内容が表示されません。サブフォルダーのツリー構造を表示するには、特定のフォルダーを選択する必要があります。
  • マウスポインターをカスタマイズするサードパーティソフトウェアを使用すると、カスペルスキー アンチウイルス 2015 のインターフェイスで通常のスクロールができなくなることがあります。

カスペルスキー アンチウイルス 2015 の一部の問題の解決方法

カスペルスキー アンチウイルス 2015 は、その他の場合でも正しく動作しないことがあります。そのような問題の解決方法を調べるには、「トラブルシューティング」セクションを参照してください。修正された問題のリストは、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015リリース情報を参照してください。

トラブルシューティング」セクションの解決方法で問題が解決されない場合や、パッチで問題が修正されない場合は、Kaspersky Lab テクニカルサポートにお問い合わせください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了